2021年7月18日日曜日

「楽しい農園」は2021年末で、いったん活動を終えます

2021年7月15日、この日は12人のメンバーでの農作業でした。

枝豆の収穫、大根の収穫、みょうがの収穫、キュウリ・ミニトマトの剪定、摘心、誘引、追肥、収穫をしたあたりで雲行きが怪しくなり、雨に降られたので、急遽、作業を終え、帰り支度をしました。

ミニトマトの収穫

ミニトマトの摘心と誘引

 

収穫した枝豆


ミョウガの収穫


収穫したミョウガ

急な雨に降られました

三輪緑山の耕作地の借地契約が2021年末で終了することになりました。このため、2013年3月の開始から約9年で『楽しい農園』は、いったん活動を終了します。 

契約していた農地がなくなるのは残念ですが、これから別の場所を見つけ、これまでと同様の楽しみを続けたいと考えています。(JT)

2021年6月3日木曜日

新型コロナワクチン

6月3日に新型コロナワクチンの接種を受けてきました。町田市が行う集団接種会場を選んだので「ファイザー製」のワクチンです。

30分前に会場の生涯学習センターに到着したら「受付は予約時刻の15分前より」との張り紙がありました。少しの間、買い物などで時間をつぶして15分前きっかりに会場に入りました。

 

到着順に椅子に座るよう案内され、受付開始を待ちます。その間に、簡単に「問診票」について案内がありました。(私は、予め、記入してから行ったので時間短縮になったようです。)

予約時刻より早く10分前に受付が始まりました。接種券と問診票を提出し、接種券のバーコードを読み取って、パソコンの画面に表示された予約データと照合します。(選挙みたいでした。)照合が終わったら、ここで手首の部分の体温を測って問診票に記入。ハンコを押して、番号札を渡されます。

待ち合いのパイプ椅子を振り返ったら、係の人がアルコール消毒していました。安心ですね。

さて、今度は受付が終わった問診票と接種券を持って、診察前のチェックです。係の人が記入事項に漏れがないかチェックしてハンコを押し、次の工程に回ります。

次は、医師による診察でした。医師が問診票を見ながら、気分が悪くないかなどの簡単な質問があります。私の場合は「かかりつけ医から『接種しても良い』と言われてるんですね」との確認があって問診は終了でした。

いよいよ接種です。看護師さんが左上腕部に接種してくれました。途中で「しびれはありませんか」と聞かれましたが、接種時の感想は「インフルエンザの予防接種のほうが痛い」でした。

接種終了後に「ここで今から15分間、待機してください。」との案内があります。予め、付箋に待機終了時刻を書いてもらえるので、その時間まで待機室で待ち、帰りに付箋を渡すと、接種済証と2回目の問診票が渡されて終了です。

受付開始から終了までは約30分でした。

ボランティアによる案内があって、スムーズに終えることができました。

ところで、接種終了後に渡された説明書には「接種当日は過度な飲酒は控えるように」との案内がありました。今日は休肝日ですね。(JT)


 

2021年5月27日木曜日

満開のさつき

玄関前のさつきが満開です。


数日前から蜜蜂がやって来ました。



今年はどうしたのかなーと話をしていた矢先です。
毎年一匹の同じ蜜蜂がやって来て足に沢山の蜜を
つけて日に何度も往復します。


流石にこの雨模様で私と同じ巣籠もりのようです。
健気な様子を見ていると心が和みます。(TI)

2021年5月18日火曜日

強風の中、テニスで身体を動かす

5月17日(月)の「健康テニス」は強風の中、9人での実施となりました。緊急事態宣言が延長される中、成瀬クリーンセンターテニスコートの利用が再開されて最初の「健康テニス」です。 

これまで「じゃおテニス」と呼んできましたが、「試合の勝ち負けにこだわらず、健康のためのテニス」との意味をこめて「健康テニス」に名前を変えました。「勝ち負けにこだわれない」のが本当なんですが……。 

 

2020年の健康テニス

しかし、風の強いこと、強いこと。トスは流れる、ふらふらっと上がった打球は風下に流れる。しかも、この日は横風だったので、大いに悩まされました。でも、これだけ風が強いと、ダブルフォールトも、ミスショットも全て風のせいにできます。もちろん、しばらくテニスができなかったためのミスショットも風のせいです。ブツブツ、つぶやきながらのテニスとなりました。 

この日は65歳以上の高齢者対象のコロナウイルスワクチン接種の予約受付開始日でした。町田市の場合、インターネットや電話での受付でした。こちらも、やれ、電話がつながらないだの、インターネット予約の仕組みがなっとらんだの、ブツブツ、つぶやきながら予約を済ませた人が多かったようです。(JT)

2021年5月2日日曜日

青空の下、農作業を行う

 5月2日(日)、この日の「楽しい農園」は、15人でさまざまな作業を行いました。
昨日の雷雨が嘘のように晴れ上がった青空の下、収穫や植え付け、防虫、種まきと、農作業も忙しくなりました。

まずは、4月22日から始まったスナップエンドウの収穫です。この日はキヌサヤエンドウも収穫しました。大きさにばらつきがありますが、どんどん成長しますので、思い切って収穫していきます。


 


夏野菜のキュウリとミニトマトは種から育てました。今日はポットからマルチングを施した畝に定植し、支えを立てました。

ミニトマトの定植

実がなり始めたソラマメには、防虫作業をします。

枝豆は2回目の種まきです。収穫時期をずらすことができるよう、先の種まきから約2週間ずらして実施しました。

他にもナガイモの誘引の準備や、草刈りとさまざまな作業で汗を流しました。

今日は2体目のカカシを立てました。カラスを見張ってくれる心強い 「てつろうくん」です。(JT)